ここではない、どこか遠いところ

グアテマラの旅行記を書いています。時々本のレビューも。

アンティグアの可愛いファサード集

アンティグアの街は実はユネスコ世界遺産に登録されているくらい、街並みが美しく、ときめくこと間違い無し!…というわけで、私が撮ったアンティグアの可愛いファサード(建物の外観)を集めてみました。

独断と偏見の「このブログサービスが向いてる人」まとめ

(c) .foto project完全に独断と偏見になってしまいますが悪しからず…! ブログ難民の末、はてなブログにたどり着くまで(前編) - ここではない、どこか遠いところ ブログ難民の末、はてなブログにたどり着くまで(後編) - ここではない、どこか遠いところ …

Día 5-2. シェラへの道は険しかった

アンティグアは観光のみの滞在だったけれど、次の街では観光だけでなくスペイン語学校にも通うことにした。その街が、シェラ(ケツァルテナンゴ)。 wikipedia:ケツァルテナンゴ

ブログ難民の末、はてなブログにたどり着くまで(後編)

▽前回のエントリーはこちら iWeb、note、Wordpressときて、次に試したのは…

猪熊弦一郎『猫たち』@ブンカムラ、からの金の蔵

ドメインやブログ名にはだいぶ反するけれど、東京のど真ん中は渋谷で開催中(もうすぐ終了)の、猪熊弦一郎『猫たち』を観に行ってきました。※会期は今週水曜日までですが、今なら毎日先着でプレゼントをもらえるようです。

ブログ難民の末、はてなブログにたどり着くまで(前編)

以前のエントリーでも書いたように、グアテマラ(とメキシコ)の旅行記は5年前に書き溜めたものを修正しながらアップしています。実は…5年間、ブログサービス難民でした。あっちへ書いてこっちへ書いて、ようやくここにたどり着くまでを、どなたかの参考にな…

Día 5-1. アンティグア3泊4日の記録

アンティグアに滞在した3泊4日の記録です。 1日目/シャトルバス、パルケ・セントラル、ペンション田代 2日目/Doña Luisa、織物博物館、メルカド、サンアントニオ、レコレクシオン修道院 3日目/ベーグル屋さん、サンタマリア、サンアントニオ 4日目/実測…

なぜ、グアテマラへ?

「なぜ、グアテマラへ行ったの?」 いろんな人にされる質問だ。私だって(知り合いがグアテマラに行っていたら)そう思う。だから、その理由についても書いておこうと思います。

自己紹介には苦労する

今週のお題「自己紹介」ということで。 私は自己紹介がかなり苦手だ。というか面倒だなといつも思っている。自己紹介以前の話だけれど、自分の名前を伝えるのが苦手だ。

Día 4-2. 華やかな衣装と青空ランドリー/サンタマリア

2013年4月14日。アンティグアから訪れたもうひとつの村はSanta María de Jesús(サンタマリアデヘスース)。アンティグア滞在3日目、サンアントニオへお目当ての布を買いに行く前に、実はこの村へも足を運んでいた。…旅行となると、どうも予定を詰め込みすぎ…

Día 4-1. 届かない荷物/サンアントニオ2日目

▷アナが実演してくれた お目当ての品 サンアントニオで見たアナの織物が忘れられず、翌日、再度現金を握りしめて出かけた。

5年越しのグアテマラ旅行記

この旅行記は今から5年前、2013年の出来事を書いています。グアテマラに行った理由については↓のエントリー 今回は「どういう経緯で今書いているのか?」と、使用したカメラや写真の話です。

Día 3. 織物の村/サンアントニオで運命の出会い

2013年4月13日。織物で有名な村を訪れた。 民族衣装 3日間しかないアンティグア滞在中、どうしても行きたい近郊の村がふたつあった。まずはそのひとつ、San Antonio Aguas Calientes(サンアントニオ・アグアス・カリエンテス)について。グアテマラには、マ…

『沈黙』遠藤周作

沈黙 (新潮文庫) 作者: 遠藤周作 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1981/10/19 メディア: 文庫 購入: 26人 クリック: 337回 この商品を含むブログ (276件) を見る その存在を知ってからずっと、夢にまで見てきたと言っても過言ではない「長崎の五島列島」行…

Día 2-2. グアテマラ、最初の地はアンティグア

2013年4月12日。グアテマラに到着し、最初にやってきた街は「アンティグア」。 アンティグアとは グアテマラの現在の首都はグアテマラシティで、アンティグアは古都にあたる。グアテマラシティはこの国の玄関口なのだが、治安が悪くて強盗・殺人が非常に多い…

Día 2-1. アエロメヒコの中、ここでしか見えなかった街

2013年4月12日。LAでの長い長いトランジットを終え、アエロメヒコに乗りメキシコシティ国際空港に到着した。アエロメヒコに搭乗する時点で実は早くも、とても疲れてしまっていた。機内食も出ず、寒いし、脚はむくんでパンパンで、お風呂に長いこと入っていな…

Día 1. LAXで過ごす10時間

2013年4月11日。夜の便で成田を発ち、無事LAX(ロサンゼルス国際空港)に到着した。